こころとカラダが軽くなる鍼であなたの笑顔を創ります

カテゴリー:H 大橋, U 食養生

こんにちは。
鍼灸マッサージsalonここち恵比寿店
鍼灸マッサージ師 大橋です。


甘いもの好きの私ですが
今回は食べてますではなく、
甘いものを控える意識しています!
というお話です。


ケーキやチョコレート、スイーツ系は
心は満たされますが
健康的に考えるとどうなんだろう?と
考え始めたのがきっかけです。


砂糖が砂糖を呼ぶを意識し始めた
②東洋医学の五行の「脾」の力が弱くなる
これらの理由で変化させてみようと
少しずつ変えていきました。


まずは、①の砂糖のお話です。


ケーキなどの材料の白い砂糖は吸収が高く
血糖値が急激に上がります。
血中の糖度を細胞内に取り込もうとして
今度は血糖値が一気に下がります。

低血糖になると
脳や身体に栄養が供給されにくくなる。
なので、また血糖値を上げるために
甘いものに手が伸びる。


これが
「砂糖が砂糖を呼ぶ」ということです。

 

低血糖の症状が出ているわけではないですが
血糖値を安定させるのは
1年後、5年後、10年後を見据えても
大切だなと思い意識チェンジしました。


最近は間食には
ナッツドライフルーツ旬のくだもの
チョコレートの場合もハイカカオ
選ぶようにしています。
image_6483441(1)

また、
身体の中のタンパク質が不足してくると
甘いものが欲しくなる
というのも耳にしたことがあります。

なので一食一食でタンパク質を多く意識したり
プロテインを飲んで補ったりしています。

そうすると、甘いもの食べたい衝動が
自然と少なくなってきました。


次回はもう少し、鍼灸マッサージ師らしく
東洋医学のお話をしていきますね。


本日は時間帯によってはご案内ができます。

明日以降また空きがありますので
お早めのご予約をおすすめします。

気候の変動もありますので
身体のバランスも崩してしまう前に
メンテナンスしていきましょう。


鍼灸マッサージsalonここち恵比寿店


一覧に戻る